組織契約のユーザーを削除するとどうなりますか?

組織契約(ビジネスプラン/エンタープライズプラン/KDDI ChatWork)の管理下にあたるユーザーを削除した場合についてご案内します。

過去の発言について

 チャットログは、発言者名が「発言者名(解約済)」として表示されます。
 ※2016年3月9日以前に削除した発言者のチャットログは、発言者名「解約済みユーザー」として残ります。

削除ユーザーがアップしたファイルやタスクについて

 自動削除となります。(削除処理は完了までに若干の時差が発生する場合があります。)

 削除を避けたい場合の運用一例としまして、パスワードの強制上書きで一定期間アカウントを
 置いている状態にしておき、その間に必要な添付ファイルは各自保存する
 という運用をご検討ください。

 上書き方法は、ログイン画面右上のご氏名をクリックし 「管理者設定」に
 アクセスいただき 左メニューにある「ユーザーリスト」をクリックしてください。
 該当ユーザーの「詳細」をクリックしますと上書きできます。

 削除対象のユーザーがアップしたファイルをダウンロードしておきたい場合は、
 削除対象のユーザーアカウントにログインし、「ファイル管理」にアップロードファイル一覧が
 ありますので、必要なファイルをダウンロードしてください。

今まで参加していたチャットについて

 自動退席となります。

 過去のチャット履歴は、後からチャットに参加した方もすべて閲覧可能ですので、
 削除後あらためて新規登録した後は、チャットへ再度参加することで過去ログを閲覧することが可能です。
 メンバーだった方へチャットへの再追加(招待)をご依頼ください。

 なお、チャット参加者が全メンバー解約 及び 退席したチャットには参加できなくなりますので、
 チャット内容を継続して閲覧されたい場合は、解約前に新しいアカウントを
 先にチャットに追加いただくことをおすすめいたします。

コンタクトリストについて

 自動削除となります。

個別チャット(ダイレクトチャット)について

 相手ユーザーが解約されなければログは残ります。

 ダイレクトチャットはグループチャットに変化しますので、
 アカウント再取得後に再参加(招待を受ける)することで
 ダイレクトチャットでやりとりしていたログが閲覧可能です。
 ※ダイレクトチャットのユーザー両方が解約になりましたらログは消えます
 ※マイチャットのログは消えます
 ※ログがある場合のみグループチャットに変化し、ログがない場合は削除されます。

削除ユーザーがグループチャットの管理者だった場合

 管理権限が残りのユーザーに移行されグループチャットは残ります。


関連FAQ:
プラン変更時にデータは引き継がれますか?