API Tokenを発行する

チャットワークAPIを利用することで、メッセージ送信やタスク追加などといったチャットワークの機能を、外部のプログラムから簡単に使用することができるようになります。
認証情報を持つAPIトークンを発行し、各APIエンドポイントへのリクエストに付与することで、APIの利用が可能となります。 

※組織契約のお客様は、チャットワークAPIのご利用には組織管理者様への申請が必要です。 詳しくはこちら

APIトークンの発行方法

  1. チャットワーク画面の右上にある [利用者名] 以下のメニュー内にある [API設定] から、APIトークン発行ページにアクセスします。

    Token1.png

  2. パスワード入力欄にログインパスワードを入力し、「表示」ボタンをクリックします。

    Token2.png

  3. APIトークンが表示されますので、「コピー」ボタンでコピーしてご利用ください。

    Token3.png


APIトークンの再発行について

「再発行」ボタンをクリックすると、新しいAPIトークンが発行されます。 
※再発行した場合は、以前のAPIトークンはすべて無効になりますのでご注意ください。

※APIトークンの開発仕様については、チャットワークAPIドキュメントを参照下さい。


■ 関連記事
【ChatWorkブログ】Zapier連携でできること
【ChatWorkブログ】API連携の活用方法まとめ