デスクトップ版アプリがウィルス対策ソフトで検知される場合

2019年7月10日現在、Chatworkのデスクトップ版アプリを利用した場合に、
一部のウィルス対策ソフトで、下記のファイルがスパイウェアとして誤検知される問題を確認しています。

【対象ファイル名】
nircmd.exe または nircmdc.exe


該当ファイルは「スクリーンショット機能」を構成するファイルであり、
お客様のご利用環境への悪影響などはありませんので、どうぞご安心ください。

本問題については今後の対策の検討とあわせ、ウィルス対策ソフトの開発元へ誤検知報告をおこなっていますが、
もし、ご利用環境で該当ファイルが検知された場合は、検知対象からの除外設定をしていただきますよう、お願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
13人中9人がこの記事が役に立ったと言っています