ユーザー移行機能について

ユーザー移行機能とは

組織のユーザーを、他の組織にデータも含めて移行することができる機能です。
※ユーザー移行には移行元組織と移行先組織の合意が必要です。

移行できるプラン

  • 「ビジネスプラン」から「ビジネスプラン」への移行
  • 「ビジネスプラン」から「エンタープライズプラン」への移行
  • 「ビジネスプラン」から「KDDI ChatWork」への移行
  • 「エンタープライズプラン」から「エンタープライズプラン」への移行
  • 「KDDI ChatWork」から「KDDI ChatWork」への移行

ご利用方法

以下のページからユーザー移行をご利用いただけます。
ユーザー移行申請ユーザー移行承認

※2016年3月31日以前に契約された旧料金のビジネスプランでは、「ユーザー移行申請」のみご利用いただけます。

 

移行条件

「エンタープライズプラン」または「KDDI ChatWork」をご利用の場合は、
管理者設定の「禁止行為設定」が以下の状態になっている必要があります。

  • 移行元組織と移行先組織の「組織外ユーザーとのやりとり禁止」がOFF
    または
  • 移行元組織と移行先組織の間で「組織外許可設定」がON

ユーザー移行によるデータ影響について

移行したユーザーは、ユーザー詳細ページの「個別セキュリティ設定」がすべてOFFとなります。
移行先組織の管理者さまは、移行したユーザーの「個別セキュリティ設定」の見直しをお願いいたします。

ただし、以下の「個別セキュリティ設定」については、「禁止行為設定」の状態により設定が変わりますのでご注意ください。

  • 移行先組織の「組織外ユーザーとのやりとり禁止」がONの場合
    移行ユーザーの「組織外ユーザーとのやりとり禁止を適用しない」がONになります。
  • 移行先組織の「ファイル送信禁止」がONの場合
    移行したユーザーの「ファイル送信禁止を適用しない」がONになります。

■注意事項

移行するユーザーが、移行先組織とは別の組織のユーザーとコンタクトやグループチャットでやりとりしている場合は、
ユーザー移行時に、コンタクト削除やグループチャットからの退席が発生する場合があります。

データ影響が発生する例:

notice_image.png

図の説明:

  • A社(移行元組織)
  • B社(移行にかかわらない組織)
  • C社(移行先組織)
  • a1ユーザー(A社ユーザー)※移行するユーザー
  • b1ユーザー(B社ユーザー)

B社の状態】

  • 「組織外ユーザーとのやりとり禁止」がON
  • A社との間で「組織外許可設定」がON(やりとり可能)
  • C社との間で「組織外許可設定」がOFF(やりとり不可)

【b1ユーザーの状態】

  • a1ユーザー(移行ユーザー)とコンタクト接続済み
  • 「個別セキュリティ設定」の「組織外ユーザーとのやりとり禁止を適用しない」がOFF


上記において、a1ユーザをA社からC社へユーザー移行した場合:

a1ユーザーとb1ユーザーはやりとり不可になり、以下の影響が発生します。

  • a1ユーザとb1ユーザのコンタクトが削除されます。
  • a1ユーザーが、b1ユーザが参加するグループチャットから退席します。
    ※該当チャットのa1ユーザーのファイルやタスクも削除されます。